ページが長くなったので、「Newホーム」にしました。これまでのアーカイブは

ホーム」をご覧ください。


JA信州上田 JAN! JAN!さん

農園を取材いただき、ありがとうございます。どんな風になるのか、いまからドキドキなのです。


青い空、白い雲。夏の太陽。収穫の後の畑の手入れです。

信州のお盆が過ぎれば、今年の新物にんにくの準備が整います。

楽しみです。


食べチョクのお客様

ご注文ありがとうございいます。急いで「赤ちゃんにんにく」増産しています。もう少しだけお待ちください。父の日に間に合わなかったお客様。申し訳ありません。引き続き、よろしくお願いいたします。


一瞬ですが・・・

「食べチョク」野菜部門 1,2,4番に「黒にんにく」「赤ちゃんにんにく」がみえます。

みなさま、買ってくださいね!

食べチョク」のページです。

 


汗、共同、一生懸命


収穫したにんにくの乾燥と収穫で、農園の朝は早いのデス。


載りました。

食べチョク」さん。応援感謝です。


今年もいよいよ始まったにんにく畑の収穫。

お天気に恵まれますように。


小学生のみんなが社会科見学来園。

水耕中のにんにくに興味深々。いい想いでになあれ。

(換気装置とジアットX フル稼働)

 


今週は、あめ、あめ、あめ。

ベテラン農家さん、農園長、あかちゃんにんにくのお母さんたちに最大のエール。

 


里わの火影ほかげも、森の色も、

田中の小路をたどる人も、

蛙かはづのなくねも、かねの音も、

さながら霞める 朧月夜

 

高野辰之博士作詞  朧月夜


雨の時期なのに雨が来ず。

困って先輩たちに相談したら、なんと、天の助けがきてくれた。

感謝(拝)

サンダーバードみたい。

綿半さんでも。

棚でみつけたときには、いまこそぜひ。

 


こっちの畑も。ガンバレ。


ますます元気になってきた。

後、一カ月。恵みの雨とお日様が、微笑みますように。


新しい軽トラがやってきた。

この車で、皆さんのお店に、施設に、農園に行きますヨ。


でてきた でてきた 出てきたぞ。
青木村の国産にんにく。 

にんにくの芽に、もみ殻の毛布をかけました。初冬の陽に輝いています。


NPOの長野の自家農園です。作付けしたばかりのにんにくがもう芽生えました。

いそいでもみ殻で覆います。まもなく来る雪の季節も、芽は青々としたまま、じっと春を待ちます。

がんばれ。


長野のNPOの自家農園です。にんにくの作付けのための農業用シート(マルチといいます)を敷きました。次ににんにくの鱗片を1つずつ植えて、越冬のためのもみ殻で覆います。紅葉がどんどん進み、季節との追いかけっこの毎日です。助っ人の皆さま、ほんとうにありがとうございます。


長野県元気づくり支援金をいただいて購入した「こまめちゃん」も大活躍です。


農家の皆さん、力強い助っ人の皆さん、いつもありがとうございます。


青木村にも霜がおりました。NPOの自家農園もにんにくの植付真っ最中です。


10月第2週はにんにくの作付です。畑は準備が大切なので、バクチャーを入れたり、マルチを敷いたりで、1日があっという間に暮れていきます(汗)。


今年収穫したばかりのにんにくが「赤ちゃんにんにく」になりました。

もちろん全部国産、青木村産。連休は、夏のお疲れをリセットするチャンスです。



人気のレシピです。お試しください。



銀座NAGANOさんに、赤ちゃんにんにくシリーズがデビューしました。

「赤ちゃんにんにく」「乾燥チップ」「黒にんにく」です。正面を入ってすぐの生鮮野菜コーナーにあります。

銀座にお越しのときは、ぜひ。お立ち寄りくださいね。お待ちしています。

赤ちゃんにんにくの原料なので、国産母にんにくですね。ただいま、一生懸命、収穫中。天の恵みが、今年もたくさん採れました。

みんな汗だくです。助っ人の皆さま、今年もありがとうございます。みんなで収獲したにんにくから、赤ちゃんにんにくを大切に育てます。


令和の春のセール開催しています。

お越しくださいね。


畑のにんにくもよく育っています。


赤ちゃんハウスの中はぬっくぬく。

子守唄を聴いて元気に育っています。

そろって成長している様子が、ピッカピカの1年生のようです。


大雪です。農園のにんにくは元気です。

でも、びっくりしていると思います。

人もびっくりです。


今年のにんにくはどうかな、という試し掘りです。いい感じで、これからが楽しみです。


雪が降りました。にんにくの畑もうっすりと雪化粧。朝焼けがきれいです。